海猿 ドラマ動画を視聴!動画ストック

海猿 YouTubeなどのドラマ動画・バラエティ動画の視聴まとめサイト

[ 海猿 ] ドラマ動画一覧

【映画】LIMIT OF LOVE 海猿 ドラマ動画

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]

【映画】LIMIT OF LOVE 海猿

2006年5月6日に全国東宝系にて公開

あらすじ
鹿児島、機動救難隊へと異動し機動救難士となった仙崎と吉岡。仙崎は遠距離恋愛ながらも、環菜と順調に交際し、結婚は目前だった。ある日、訓練中に機動救難隊に出動が命じられる。任務は鹿児島湾内で座礁したフェリーでの救助活動。しかし、予想以上の速さで浸水、傾いていく船体。仙崎と吉岡、そして要救助者2名は、絶体絶命の状況に追いやられていく…。

【映画】海猿 ドラマ動画

海猿 スタンダード・エディション [DVD]

映画】海猿 ウミザル

2004年年6月12日に全国東宝系にて公開

あらすじ
海が好きという思いで転職してまで海上保安庁に入った仙崎。第七管区福岡海上保安部に配属されたが、地上や船上勤務を退屈と感じ、エリート集団である潜水士を目指し、海上保安大学校の潜水士課程に入校するところから物語は始まる。海猿と呼ばれる若き潜水士候補生の友情、恋、挫折、試練、成長物語。

海猿 第11話(最終回) ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第11話(最終回)「この手を離さない」

2005年9月13日放送

あらすじ
岩礁に引っ掛かったプレジャーボートにたどり着いた仙崎大輔(伊藤英明)は、船底をたたきながら下川いわお(時任三郎)の娘、唯(一木有海)の名前を連呼した。と、かすかに助けを求める声が聞こえる。「生きている……」。大輔は、下川らの待機する救出ボートに向かって、唯の生存を叫ぶ。勢いづく潜水士たち。だが、「ながれ」の装備では救出が難しい。特救隊到着を待つことになる。しかし、ボートは少しずつ沈み、唯の声も小さくなっていく。大輔は、自分たちで船底を切断して救出しようと提案するが、下川はあくまで冷静な判断を下すことにこだわった。吉岡哲也(佐藤隆太)、山路拓海(平山祐介)、永島康太(坂本真)も大輔と同じ気持ちで下川を見つめる。そんな隊員たちの気持ちに押され、ついに下川も船体に穴を開け救出することに同意。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第10話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第10話「命にかえて」

2005年9月6日放送

あらすじ
池澤真樹(仲村トオル)の死を乗り越え一つ成長した仙崎大輔(伊藤英明)は、新しくバディとなった吉岡哲也(佐藤隆太)と訓練に没頭していた。伊沢環菜(加藤あい)も、冬柴康介(鈴木一真)から「お前が選んだ男を誤解していたようだ」と大輔を認めてもらい、充実した日々を送っていた。そんなある日、下川いわお(時任三郎)は、別れた妻・里江子(奥貫薫)から「近く再婚するから今度の日曜を最後にして、以後、唯(一木有海)には会わないで」と言い渡される。「唯の幸せを考えて」と言われると、下川に返す言葉はないのだった。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第9話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第9話「失われた夏を求めて」

2005年8月30日放送

あらすじ
海賊の銃弾に倒れた池澤真樹(仲村トオル)が、息を引き取る。池澤を撃った犯人も含め、海賊たちは人質を装って海に飛び込み潜水士たちに救助された。だが、仙崎大輔(伊藤英明)は人命救助作業を放棄してしまう。また、下川いわお(時任三郎)もやり場のない憤りを抱え、救出した海賊たちに掴みかかった。だが、それも悲しみを増すだけであった。そして、無事女児を産んだばかりの妻・尚子(芳本美代子)の病院に、海保の幹部たちと共に津田晋平(益岡徹)が現れる。付き添う伊沢環菜(加藤あい)が「もうすぐパパが帰ってくるよ」と話した直後に、幹部から池澤の殉職が伝えられる。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第8話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第8話「池澤、死す」

2005年8月23日放送

あらすじ
排他的経済水域の警備強化のため巡視船「ながれ」の2週間に及ぶ長期洋上警備が決まった。しばらく陸との別れであり、仙崎大輔(伊藤英明)はオーシャンズで伊沢環菜(加藤あい)たちに明るい別れを告げた。環菜はその間、出産予定にあたる池澤真樹(仲村トオル)の妻・尚子(芳本美代子)の世話をすると言う。その池澤は、尚子に「赤ちゃんの名前を考えておいてね」と言われ、面倒臭そうに応対している。下川いわお(時任三郎)は、娘の唯(一木有海)と面会するが、別れ際に元妻の里江子(奥貫薫)が「もう、唯を会わせられないかも」と言い出す。再婚するかもしれないと言うのだ。下川も同意するしかない。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第7話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第7話「人を殺した」

2005年8月16日放送

あらすじ
『ながれ』に威嚇射撃の命令が下り、船内に緊張が充満した。射手の池澤真樹(仲村トオル)と助手の仙崎大輔(伊藤英明)は言わずもがなである。そのころ、池澤の妻、尚子(芳本美代子)は緊急治療を受け、付き添いの伊沢環菜(加藤あい)はロビーのニュースを見つめていた。また、下川いわお(時任三郎)の娘・唯(一木有海)は電気店のテレビニュースで父の危険に気付き、オーシャンズのスタッフは息をのみ…と、それぞれに恐怖と不安を受け止めている。発砲予定時刻が来た。船上に発射音が鳴り響く。「撃ち返すな」と願う大輔の希望むなしく、不審船は応戦。闇の海上に光が炸裂し『ながれ』の船体に着弾する。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第6話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第6話「不審船発射」

2005年8月9日放送

あらすじ
今日も『ながれ』潜水士たちによる厳しい訓練が行われている。池澤真樹(仲村トオル)の檄を受け、少しずつ進歩を見せる仙崎大輔(伊藤英明)を、下川いわお(時任三郎)らも感心して見ている。だが、一番喜んでいるのは、池澤の本当のバディになれたと実感している大輔本人。また、大輔は後輩の吉岡哲也(佐藤隆太)に、潜水士にならないかと誘う。一方、先日『ながれ』潜水士の命を懸けた厳しい仕事ぶりを目の当たりにした伊沢環菜(加藤あい)は、大輔との恋愛関係に自信を失いかけていた。恋愛についてはあまり考えないようにし、まもなく開かれる展示会の準備に集中する。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第5話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第5話「突然の別れ」

2005年8月2日放送

あらすじ
海保のプールで溺れる遭難者を救う訓練が行われている。仙崎大輔(伊藤英明)は意表を突く救助方法で池澤真樹(仲村トオル)を驚かせる。池澤に「救助方法にはマニュアルがない」と言われ、独自の方法を取ったと語る大輔は、バディとしても一回りたくましくなっている。池澤もその姿勢を認め出したことが大輔は嬉しい。そんなある日、大輔は、別所健次郎(三宅弘城)と永島康太(坂本真)に頼まれ、ダイビングスクールに潜水インストラクターの手伝いに行った。若い女性が多く、その楽しさに大輔も永島も舞い上がる。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第4話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第4話「海に消えた思いを探せ!」

2005年7月26日放送

あらすじ
 『ながれ』による沈没漁船の船長、徳永栄(本多晋)の捜索が打ち切られた。むなしい作業ゆえの気詰まりから解放された仙崎大輔(伊藤英明)は、心ならずもホッとする自分に気付く。早速、伊沢環菜(加藤あい)が仕事を終えるのを待ち受け、強引にデートを申し込む。店に入って、すぐそこに迫った自分の誕生日プレゼントなどについて楽しげにはしゃぐ大輔。しかし、店内で料理を運んでいるウエィターを見た大輔から笑顔が消える。徳永船長捜索の際、堤防でその進捗を見守る遺族の中にいた青年だった。青年の冷たい視線に大輔は彼の自分たちへの怒りを感じる。『ながれ』に帰った大輔は、先ほどの出来事を仲間に話すが、仲間たちには遺族のことは忘れろと言われてしまう。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第3話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第3話「置きざりの愛」

2005年7月19日放送

あらすじ
仙崎大輔(伊藤英明)と伊沢環菜(加藤あい)は、二人そろって自分たちの距離感を測りかねていた。「好きか嫌いか」「恋人なのか別れたのか」……悶々とした時間が過ぎてゆく。そんな時、プールでの潜水訓練が始まった。潜水し、バディ同士で装備を交換、浮上する訓練だ。減圧症にかかる危険性があるので、ボンベの残圧確認に注意が必要。池澤真樹(仲村トオル)と大輔の番が来た。池澤は下川いわお(時任三郎)に、訓練メニューのレベルアップを告げる。大輔は、それを知らずに潜ることになった。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第2話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第2話「潜水士浮上せず」

2005年7月12日放送

あらすじ
タンカーからの救助に失敗した内田船長(田口主将)が遺体で発見された。仙崎大輔(伊藤英明)は、若い船員マハール(アベディーン)を先に救助した池澤真樹(仲村トオル)に疑問を持つ。まず、年長の内田船長から救助すべきではなかったのか?と。救助失敗は、本部でも問題視された。大輔の技量の問題ではないかというのだ。津田課長(益岡徹)は、勝田船長(夏八木勲)を呼びつけ事情を聴く。が、勝田は「ミスをしない新人はいない」と悠然。津田は、勝田の態度には上司としての立場がないと下川いわお(時任三郎)に愚痴る。その上で、今回の件でミスはなかったのかと尋ねる津田に、下川も「潜水士は人間。現場に100%を求めるならロボットでも使え」と答えた。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN

海猿 第1話 ドラマ動画

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

海猿 第1話「運命の幕開け」

2005年7月5日放送

あらすじ
仙崎大輔(伊藤英明)は海上保安庁、第七管区・福岡海上保安部に所属する経験1年の新米潜水士。健康食品会社の営業マンから転職したが、まだ一度も人命救助の経験は無く、地味な仕事の毎日だ。そんなある日、大輔は辞令を言い渡される。第三管区・横浜海上保安部への異動だった。大輔はすぐに伊沢環菜(加藤あい)に携帯電話をかける。環菜は、潜水士訓練生の時に知り合った、大輔にとっては“恋人”だ。(海猿公式サイト)
主題歌 OCEAN
ドラマ動画タイトル
ドラマとかいろいろ